23年度龍神観光協会総会  辰(龍)年キャンペーンや協会事務所移動費など承認される


写真1:総会の様子

社団法人龍神観光協会(龍神享一会長)の平成23年度通常総会が6月23日、龍神行政局で開催され、理事や大議員など14名が参加し、平成22年度決算や23年度予算、事業計画などすべての議案が承認されました。
総会では、パンフレットやホームページ等情報発信についての意見が出され、限られた予算で最大の効果を出していけるよう時代の潮流を見極めながら、各種媒体を活用した情報の整理と発信に取り組んでいくこと等を話し合いました。


写真2:総会の様子

また、観光客の利便性向上と案内業務レベルアップのための観光協会事務所(局)移動や、平成24年の辰(龍)年に合わせた誘客キャンペーン、協会専用リース車両の導入、ホームページのリニューアル等の事業計画案と予算案などが提案され、すべての議案が承認されました。
観光客の入込みは、バブルの崩壊以来全国的に減少傾向にあり、ここ龍神村も例外ではありません。ピーク時の平成8年には10万9千人の宿泊者数を数えましたが、平成22年には5万7千人と、50%近く減少しています。
今後は、最高の観光資源である「村人」の活用と、温泉や自然、体験プログラム、特産品など、他の観光素材の組み合わせや連携が大きなカギとなりそうです。
観光地(地域)づくりに特効薬なし!とは、昔からよく聞く言葉。身の丈に合った活動を地道に続けて行くことで、龍神の良さが徐々に浸透し、ジワリジワリと目的意識の高い観光客が増加していく…。そんな持続可能な観光地になってほしいものです。


写真3:新しい事務所(合併前の龍神村役場出納室)

いざいざ@どらごんおふぃす