第3回 桃山町 内田義海様宅「桃源の郷 宮折 耕心院」

今回ご紹介する邸宅は宮折という屋号を持つ紀州の大地主庄屋津田家の屋敷として江戸時代に造られたお屋敷です。何度かの焼失の後、現在は江戸時代の蔵、明治時代の母屋、昭和初期の茶室・居間などが残されています。
大阪府・奈良県で呉服業を営む内田さんは、仕事柄、日本の伝統工芸や美術がご趣味の美術愛好家。もう今では見られない様な天井の梁や、建物全体に感じられる、職人堅気な細工に伝統文化の美しさを感じ、これを残したいと30年無人で荒れた状態であったこの邸宅を3年がかりで改修。平成15年に「宮折 耕心院」として一般にも公開しました。


江戸時代築の長屋門をくぐると別世界の始まり

総部屋数25室、蔵4棟、敷地面積1800坪の規模を誇る邸宅は、各所に庭が配置された静かなたたずまい。昭和41年制作の映画「紀ノ川」では、司葉子の嫁入りシーンのロケ地としても利用されました。
各部屋の造形はもちろん、廊下、欄間、天井、手摺、窓と建物の各所にさり気なく配置された細工の数々は、住むことを目的とした建物らしく、一見さりげない中にも細やかな細工がほどこされており、昔の建築の優雅さや小粋さに、職人の仕事の息遣いを感じるよう。部屋から見える庭の景色や静けさとあいまって、社寺仏閣の荘厳さとは一味も二味も違うやさしさや落ち着きを感じさせるとても居心地のよい日本建築の空間です。長屋門をくぐった瞬間に時間を遡ったような懐かしい気分になれる癒しの場所を一度体験してみませんか?


部屋から見とおす庭の落ち着き

見学の際は電話での事前予約が必要。内田さん、琴浦さんが屋敷の各所の見所を紹介して回ってくれます。庭を見ながらの食事も可能です。


根元に小さく神様が彫られたキリシタン灯篭(左)庭にも静かさが感じられます(右)

耕心院 (詳しくはこちら PDF:128KB)           

場所 : 和歌山県那賀郡桃山町調月331
入園料 : 500円(火曜定休) 完全予約制
喫茶・お土産販売あり。食事は要予約。
TEL : 0736(66)0587 / FAX : 0736(66)2982
当日予約 : 090(5648)8927

また、空き蔵や空き施設を利用した、イベントや物販・食事の提供等のテナントを募集中です。
テナント募集の詳しい情報はこちら >>

和歌山で暮らそう。
田舎暮らし物件のご相談はスエタカ

第2回 日高町 村上賢次様宅「マイ・ボートで釣りを満喫」

村上賢次さんのお住まいは日高町の南西、太平洋に面した日の岬のすぐ近く。日の岬周辺は、磯釣り、船釣りのメッカで、遊漁船が集まる中紀の好漁場として知られており、年間を通じて釣りができます。
また、「和歌山の朝日・夕日百選」にも選ばれた、海に沈む美しい夕日が見られる景観ポイントでもあります。


日の岬からの太平洋は地球の丸さがわかるような大パノラマ

釣りが趣味の村上さんは、思う存分釣りを楽しみたいと、会社の定年を機に海に近い家を探したそう。淡路方面や北陸にも足を伸ばし、物件を探した結果、港にも近く、天候もよい和歌山のこの地に決めたそうです。
引越しを機に船も購入。ご近所の釣り仲間と毎日気ままに釣り場を回って釣り三昧の生活を送っているそう。


5分も歩けばマイボート

住民73人45戸のこの地に住まい初めて3年、地元の地引網漁に参加したり、ご近所の方とお酒を飲んだりとご近所づきあいも積極的に参加しています。
お住まいは1階平屋と1階が倉庫、2階が居室になっている別棟の建物があり、来客の際も気兼ねなく泊まってもらえるので、週末にはまめに娘さんが帰ってこられたり、会社時代の釣り仲間が、村上さん宅を足がかりに泊りがけで釣り合宿にこられることもあるそう。
日の岬の風景と釣り三昧の田舎暮らしをご夫婦で満喫されているご様子でした。


ご自宅は平屋の1棟と赤い2階建の倉庫兼居室

和歌山で暮らそう。
田舎暮らし物件のご相談はスエタカ

第1回 那賀郡粉河町 木村喜久男様宅「ものづくりの楽しみを満喫」




会社の定年を機に、趣味で行っていた園芸・農作業などにじっくり打ち込みたいと、田舎物件を探し始めた木村さん。インターネットで情報を探し始めて、スエタカのホームページでこの建物の物件情報を発見。すぐさま連絡し、その他も含め数件を訪問。この物件を見た瞬間に「これにしよう。」と思ったそうです。
といっても訪問時は庭は雑草だらけ、家も築30年なりの状態でしたが、そもそも建設関連にお勤めで、木工・鉄工・農作業まで何でもござれの木村さんには絶好の「やりがいのある物件」だったようです。
8月末に早速契約。その日から庭の草むしり、改装計画の作成、大工さんとの打合せ、施工のお手伝いと自分好みの家に仕立てるべく堺のご実家よりご夫婦で週3~4日は粉河に通って作業をされたそう。 3月中旬、正式に引越し。庭に作った旦那様用の作業場で今も熱心に家の周辺のフェンスをご自身で作成中。


フェンス鋭意製作中!

奥様のこだわりは「オール電化」。厨房や居住空間の冷暖房は全て電気でまかなっています。こと家事に関しては以前よりも快適だそうです。
また、太陽発電設備での売電にも挑戦。夜間電力を上手に利用し、月の電気代支払いは差し引き1000円程度で納まっているそう。「もっとも設備費はかかってるけど半分旦那の趣味だからね。」と奥様も新しい取り組みに満足げでした。
お家は平屋の吹きとおしの間取りで、夏は風通しがよく、冬は縁側にいるとポカポカ日差しで寒さを感じないそう。また、ご近所の方々も暖かく迎え入れてくれ、先日はご近所10所帯勢揃いで木村さん宅の歓迎会を開いてくれたそうです。
「フェンスを作り終わったら庭に池も掘ってみたい。」と創作意欲満々で田舎暮らしを満喫されている木村さんでした。


自宅で作った苗木を頂いて帰りました。

和歌山で暮らそう。
田舎暮らし物件のご相談はスエタカ

5 / 512345