那智勝浦町、SEA級グルメフェスタに行ってきました。

昨日、3月24日午前10時から那智勝浦町でウルトラC(SEA)級グルメフェスタに行ってきました。
きぐるみも13体の県内のキャラクターが登場して、ステージを沸かせました。
もちろん、ほっとちゃんも登場し、子どもたちに人気で写真撮影もたくさんしてきました。
那智勝浦町は、なんといっても漁師町ですので、
マグロのかぶと焼き、マグロのそぼろ煮、マグロのお刺身と、マグロ料理はもちろん、ひものも有名でイカやうるめイワシ、サンマなどが店頭に大量にならんでいました。
そこに、和歌山県内あちこちからC級グルメといわれるメジャー路線から離れた食べたことのない食材が集まりました。
例えば、マグロの胃袋をみじん切りにしたものをタコ焼きのタコの代わりに使ったガッツボール、マグロののど肉のから揚げ、めはり寿司の中に天むすが入ったものなど。
一見えっ、と思うような食べ物ですが、お昼休みの時に実際食べるとおもしろい食感で、味も良かったです。
天候が、降水確率が50パーセントだったせいか、客足はそんなにひしめくほどではなかったですが、出店舗も雨天中止を見越して少なめに用意したせいか、ほとんどのメニューが売り切れていました。
でも、新感覚なグルメが味わえる、とても楽しいイベントで出られてよかったと思いました。
龍神村から車で2時間半と少し遠いんですが、ほっとちゃんの宣伝にもなり、同じ県内の方々に存在をアピールできた事も良かったです。